値段が安いラブードールを選んで購入するコツとは?

 

 値段が安いラブドールを探すのであれば、ポイントはラブドールの「大きさ」、「素材」、「リアリティー」をどこまで求めるのか?これに付きます。

 

 

大きさは小さい小柄なものを選ぶ

 まずは、ラブドールの大きさについてですが、値段が安いものを狙っていくなら小柄なタイプを購入するようにしましょう。小柄なものは、使用する材料が少ないので比較的安い値段で設定されているものが多く安く購入することができます。

 本当にリアルなものは等身大で作られています。小柄なものは130cm程度に設定しているものが多いです。
 

素材はシリコン製以外のものを選ぶ

 安いラブドールを購入するのであれば、素材のグレードを下げるしかありません。特にシリコン系は本物に近い感触なんですが、その分どうしても高額なお値段になります。値段だけ考えると、ソフビ系やウレタン系、ぬいぐるみ式などがおすすめです。これらの素材はシリコンに比べると感触などは劣りますが、その分耐久性があり安く購入できます。

 

リアリティーは少し諦める

 値段に響いてくるのが「リアリティー」感です。特にシリコン系でも、高額なものはやはり細かく仕事がされて本当にリアルに作られています。例えば、継ぎ目がなかったり、手のシワを忠実に再現していたり、筋肉の付き方がリアルに作られているなどなど。値段が下がるにつれてここらへんの処理はある程度目をつぶることができれば安く購入することができます。

その他のラブドール(ダッチワイフ)を安く購入する方法とは?

 アウトレット品を狙う。

 アツテオキオなどであればたまにアウトレットということで、少しシリコンに傷が付いているものなどであれば1万〜4万円引きなどで購入することができます。