たくさんあるラブドールの素材と値段関係とは?

 

 ラブドールと一言で言っても実はいくつかの素材の種類が存在します。素材によって値段安かったり、耐久性が優れていたりなど特徴があるので、素材と値段の関係をざっと知っておくと自分にあったラブドールを選びやすくなります。


 

ビニール風船を膨らませるタイプ

 このビニール風船を膨らませるタイプもいろいろな種類が出ています。等身大のビニール風船に女性の裸がプリントしてあるタイプや、透明だが、女性のリアルな形状をかたどっって作られたもの。このタイプは服やスクール水着などを装着して使用されることが多いです。そのほかにも上半身だけのものやお尻の形をしたものなどたくさんの商品が販売されています。
 ビニール風船タイプは大抵はオナホールは別売りになっています。ダッチワイフのホール装着部分と購入するオナホールのサイズをしっかり見て購入しましょう。販売価格は1000円程度〜高くても5000円程度です。収納は空気を抜けばしぼむのでとても収納が楽です。そして安いので多少乱暴に扱っても大丈夫ですし、汚れにも強いので気軽に購入できるダッチワイフです。

空気式ダッチワイフの特徴

長所:ダッチワイフのなかで一番安いタイプ
   多少乱暴に扱ってもいいので性処理だけにはおすすめ。
   空気を抜けばいいので収納場所には困らない。
短所:リアリティーに欠ける。
   肌触りはよくない。抱き心地は悪い。

 

ぬいぐるみ式の抱き心地がいいタイプ

 このぬいぐるみタイプは布でできているのでとても抱き心地がいいのが特徴です。女性の裸体の形をしたぬいぐるみと思ってもらえればイメージがしやすいと思います。抱き枕の女性版なのでセックスを楽しんで一緒に寝たりすることも出来ます。このタイプには上半身だけのものや、全身で結構リアルに作られているタイプもあります。ぬいぐるみ式で有名なところでは、木偶の坊などがあります。ただ、布で出来ているので胸にかけたりすることはできません。また、全身タイプを購入するとちょっと収納が大変です。体のパーツをバラバラにできるタイプもあるので、隠さないといけない場合は分離型を購入するといいでしょう。
木偶の坊では、安いもので25000円。全身タイプで約8万円で購入することが可能です。

ぬいぐるみ式ダッチワイフの特徴

長所:抱き心地がいいので添い寝できる。
   比較的値段が安いので購入しやすい。
短所:お手入れを怠ると臭くなる。
   全身タイプを購入すると収納に困ることがある。
有名店:木偶の坊

 

 リアルに近づいたウレタンタイプ

 

 ウレタンタイプの特徴はビニールタイプやぬいぐるみタイプよりもよりリアリティーが増しているところにあります。ダッチワイフの姿かたちが女性に一歩近づいたと言えるでしょう。肌触りはキメの細かいパンのような感じで、何よりもシリコン性よりも軽くて暖かいという点が特徴です。そのため、冬でも使用することができますし、持ち上げてたりして他の体位を楽しむことができます。だた、無理な体位をし続けると故障の原因にもなりますし、太陽の光には弱く体の一部が黄色く変色することがあります。そして独特の臭いがあるので購入当初は積極的に喚起をしたほうがいでしょう。
値段の相場は5万円〜10万円程度になります。

ウレタンタイプの特徴

長所:シリコン性などに比べると比較的安価で購入できる。
   軽いので扱いがとてもらく。
   冬にいちいち暖める必用がない。
   形状はより人間に近い形をしてる。
短所:購入しから半年程度は独特のウレタンの独特の臭いがある。
   紫外線に弱く、日に当たると黄色く変色する
   あまり無理をすると敗れたりする可能性がある。
   収納場所に困る
有名:ハルミデザイン
   オリエント工業
   クライフ