ラブドールってそもそも何?ダッチワイフと同じ?

※これは人間ではありません。ラブドールです。

 

★ラブドールって何?

 ラブドールとは一般的に人型の人形のオナホールを装着してオナニーを補助するもののことを言います。一昔前の言葉で表現すると「ダッチワイフ」という風になります。この業界のことを知らない人は「ダッチワイフ」の方が知っているかもしれませんね。
 最近では「ラブドール」という名称のほうが一般的です。簡単に言ってしまえば、ダッチワイフの高級版がラブドールとも言われています。

 

★ラブドールってどんな種類がある?

ビニール性 布製 シリコン製 ソフビ(一部)

 ダッチワイフにはビニールでできたタイプや、ぬいぐるみ式で作られたもの、ウレタンやシリコン、ソフトビニールで作られたものなのど沢山の種類があります。特にシリコンやソフトビニールなどで作られたものはかなり精巧に作られていて、本物の女性と見間違えるようなものまであります。

 

★ダッチワイフからラブドールに

 

 最近ではシリコン製のタイプやソフトビニール製のものなどで高級なのもを「ダッチワイフ」と呼ぶのではなく、「ラブドール」と呼ばれています。
 ダッチワイフというのはオランダの差別用語であり国際的に問題になったので、そこからほとんど使われておらずダッチワイフは「死語」といっても過言ではありません。メーカーではまずダッチワイフとして販売しているところはありません。ただ、ここらへんの事情を知らない人や安価なものをダッチワイフと呼ばれるケースもあります。

 

★こんなわけ方もあります。

 その他の区別の仕方として、セックス専用に使う人形のことを「ダッチワイフ」と呼び、写真を撮影したり、一緒にテレビをみたりなどなど、生活全体を一緒に過ごすような人形を「ラブドール」という説もああります。

 

★誰がラブドールって言い始めた?

【ハルミデザインの作品】

 

 ちなみにこのラブドールという呼び名はウレタン製のラブドールの販売で有名な「ハルミデザインズ」という会社が一番初めに言ったといわれている説が有力的です。名称を変更した理由は、先ほどの国際問題もあるのですが、科学技術の向上により今までの「ダッチワイフ」と呼ばれていたものよりも格段リアルになったためダッチワイフという安っぽいイメージから脱却したいというメーカーの思いもあったようです。

 

 他の呼び方で「リアルドール」というものもありますが、これはアメリカの会社の商標名になってしまうので使えないという事情もあります。なので「ラブドール」というものが今の呼び方の主流になっています。
なので、これからは「ラブドール」と呼ぶようにしましょう。