オナニーを楽しむために「抱き枕」や「ピロータイプ」を購入するポイントとは!!

 

 密着してガンガン腰を振れる!お手入れが楽!よーし早速購入しよう!どうなった時に、失敗しないポイントをいくつかご紹介したいと思います。抱き枕やピロータイプは、他のものと比べて失敗するのは少ないと思うのですが、「えっ!?まじ!?」みたいなミスがあるので、一応確認だけしてもらればと思います。(私だけかも知れませんが・・)

 

失敗しないためのポイントとは!?

ポイント1 サイズを確認する!
ポイント2 オナホールが入るか確認する!
ポイント3 抱き心地を確認する!

ではこのポイントを解説していきたいと思います。

ポイント1 サイズを確認する!

 人によって重視する点が違うと思いますが、どちらにしてもサイズの確認は重要です。例えば、部屋に誰かが出入りするのであれば隠しやすい小さめのタイプがいいですし、抱き枕感を堪能したいのであればある程度のボリュームがあるほうが楽しめます。

 サイトの画像などを見てサイズしっかりと見ないで決めてしまうと残念なことに。楽しみに待っていざ空気を入れてみると・・「ちっちゃ!!?」ええっ!?これだけ!?みたいのなことがあります。パッと見たときに女性全身の裸体がプリントしてあるので、当然それぐらいなのかな〜と思うのですが、思っている以上に小さいこともあります。サイズの確認はしっかりしましょう!

ポイント2 オナホールが入るか確認する!

 普通のオナニーホールであれば、あまり気にせずに装着することができます。そのため、本物のラブドールと比べるとそこまで気にする必要もないのですが、たまに余りにも大きいオナホールだった場合は装着できないタイプもあります。なので、エアドールの穴の大きさと、選んだオナホールの直径などは確認するようにしておきましょう。

 

ポイント3 抱き心地を確認する!

 抱き心地いいと言っても、ほとんどビニールタイプなので弾力はそこまで変わりはありません。気にするべきは、抱き枕がビニールそのものにプリントしてあるものなのか?それとも布などにプリントしてあるものなのか?というところです。すべての商品がどちらもあるというわけではないので、自分の好みの女性プリントによってかなり商品が限られたりしますが、さわり心地などを重視するのであれば、この部分も確認しておくと失敗がないでしょう。

 

補足

オナホールはついていない!

 もう知っておられる人もいるかもしれませんが、エアドールや抱き枕タイプを購入する時に気をつけたいのが、オナホールはついていないという事実!楽しみに待っていたのに肝心のオナホールがついていない時のショックは計り知れません。ややこしいことに、画像には参考としてオナホールを差し込んであるものがほとんどですから・・・・皆さんは間違えないようにしてくださいね。

絶対に空気を入れるポンプは買ったほうがいい!

 口で空気を入れたらいいかな。。と思う人も多いかも知れませんが、かなりの量を吹き込まないといけないので結構大変!オナニーにそれほど時間を取れないという人や、収納する可能性がある人などは足で踏むポンプタイプの空気入れを買っておいた方がいいでしょう。

 

抱き枕やピロータイプのオナホール購入のまとめ

 

ポイント1 サイズを確認する!
ポイント2 オナホールが入るか確認する!
ポイント3 抱き心地を確認する!

 

 これらを確認できれば、あとは自分の好きなタイプを選んで購入するだけ!ガンガン腰を振れるので今までの何よりも何倍も気持ち良くなりますよ!ではでは楽しオナニーライフを!!